インド出張記2019-コルカタ→シャンティニケタン→ラクナウ

こんばんは、ストール美人ナビゲーターの長谷川峰子です。
表参道は、イルミネーションで華やいでいます。
寒くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。

12月はイベントもたくさんありますね。
ストールをフル活用して非日常の世界をお楽しみくださいませ。

2019/11/27に12日間のインド出張から帰国し、
ようやく日本のペースに戻ったところです。

今回の出張では、農村部のインドも超リッチな
インドも体験してきました。
いつもとは違うコルカタとラクナウという街に行ってきました。

超レアな体験もたくさん!交通事故にも会わず、
おなかも壊さず、良く無事に帰ってきました(笑)

日本に戻って一番最初のカルチャーショックは
自動車の運転が静かすぎること、自宅の静寂も
耳がツンとして、しばらくは苦痛に感じるほどでした。

インドは、車の警笛や雑音にあふれ、本当に騒々しい国なんです。

カンタ刺繍の里を訪ねて-インド西ベンガル州

カンタ刺繍の村

カンタ刺繍とはインド西ベンガル州で行われている刺繍です。
貧しい農村部の女性が、男性の木綿の胴着に刺し子刺繍をして、
赤ちゃんのおクルミなどを作っていました。

ですから、もともとカンタ刺繍はつぎはぎの布に
刺繍されていたものなのです。

現在では、観光客向けに、タッサーシルクという
手織りの高級なシルクに刺繍がされています。

カシミールの刺繍とは違った、素朴で農村の
温かみが伝わる
刺し子刺繍です。女性たちが行います。

タッサーシルクは、すべて手織りなので、
化繊に比べるとお値段は高いのですが、
その輝きは際立っています。

特に、カンタ刺繍ストールをデジカメで撮影
すると、布自体が光って見えて、光沢が強いことに驚くほどです。    

実はそのカンタ刺繍も近代化の波に乗って、
10数年前には死にかけていた産業でした。

ご主人の転勤でコルカタにやってきた私の
パートナーのファーラさんが、刺繍の里に
通い続け、村人たちにその価値を伝え、
10年以上かかって刺繍を再興しました。

ここ数年その努力がみのり、政府やメディア
からも注目されているそうです。

素朴なカンタ刺繍の質を高め、高級品として
再生した功績は大きく、今では欧米でも
大人気となっています。

ファーラさんは、たくさんの農村女性に仕事
を与え、村を活性化しました。
女性たちもお小遣いができて、幸せそうでした。

今回は、長年の希望がかなって、カンタ刺繍
の里を訪ねることが出来ました。
東京からコルカタまで、バンコク経由で10時間余り。
コルカタから列車で2時間半、シャンティニケタン
という小さな町に着きました。
そこから、電動オート三輪タクシーに揺られて
30分、ついに刺繍の村に着きました。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事