パシュミナの本物のストールとは?

本物のパシュミナストールはこれ!

本物のパシュミナとは?

繊維の宝石として、世界中の人々から愛されている、パシュミナのお話です。
パシュミナは日本にも定着してきましたが、その言葉の本当の意味を知っている方は多くありません。
パシュミナは、 5000メートル級の高地に生息しているヒマラヤ山羊の冬の間だけ生える柔毛のことをいいます。
厳しい冬の寒さを防ぐために細くてとびっきり暖かな、ふわふわの毛が首の下部に生えてきます。
そして暖かくなると、山羊たちは岩に体をこすりつけて、やわらかな毛を落とします。
昔はそれを拾い集めて、最高の肌ざわりのパシュミナショールを作っていました。
パシュミナショールを一枚作るには約4頭分の毛が必要で、それゆえ、非常に貴重で高価なものとなりました。今では家畜化されていますが、高山病にかかってしまうくらいの人里離れた高地での放牧は、大変きつい労働です。
パシュミナは原毛が美しく発色が良い上に、独特の光沢と、ぬめりがあり、軽くて大変暖かいので、世界中の人々から愛されています。
インドカシミール地方には、このパシュミナがシルクロードの要衝として集められ、パシュミナを織る高い技術がはぐくまれ、最高級のパシュミナの生産地となったのです。
そしてこのパシュミナはヨーロッパへと渡っていったのです。
成分的にはカシミヤ*と同じ山羊の毛でできて います。日本の品質表示法ではパシュミナという
表記は認められておらず、カシミヤと表記する必要がありますので、ますますわかりにくい言葉となっています。
*カシミヤもパシュミナも共に山羊の柔毛から生産しますが、山羊の種類と生息環境が違います。
ヒマラヤ山羊も5000メートル級の高地で育てないと、良質の毛は取れません。

 

パシュミナ100%のストールはフリンジでわかる!

パシュミナは高価なうえに、非常に弱い繊維なので、補強の意味でも昔からシルクとの混紡にしてきました。それゆえ、販売されているパシュミナの多くがシルクパシュミナです。
パシュミナは日本の品質表示法では使用していない言葉なので、国内でのパシュミナという言葉の定義があいまいとなっています。
そのため、シルクパシュミナをパシュミナとして売っている店もたくさんあります。

 

ですから本物のパシュミナの簡単な見分け方を知っておくと良いでしょう。ポイントはフリンジです。ストールの端は、きれいに糸を撚って細いフリンジを作ってある場合と、はさみで 切って横糸を少しぬき取っただけの、断ち切りになっているものがあります。
フリンジがある方が、上等と勘違いしてしまいがちですが、実は高級なストールは、ほとんど断ち切りです。
なぜならフリンジを作るには、強い繊維が必要で、シルクを縦糸に使ってある場合は、簡単にフリンジが作れますが、柔らかくて弱いカシミヤやパシュミナ100%の場合はフリンジ を作ることができません。
フリンジを作ることができるのは、シルクやウールなど丈夫な繊維のみ。
ですから、パシュミナ100%のものは、みな断ち切りです。
インドでは、たまに、断ち切りの最終仕上げ前のストールが端が不規則に折れ曲がったまま売られていることもあります。
もしかしたら、それは非常に高価なストールかもしれません!
そんなことを知っていると、インド旅行中に、掘り出し物の高級ストールを見つけること
ができるかもしれませんね。

 

困ったパシュミナという言葉の誤用の定着

執筆中

 

 

 

パシュミナの極上の肌ざわり

本物のパシュミナストールの肌ざわりのよさを知ってしまうと、もはや他の繊維をまとえないほど心地よさが抜群です。

自然の繊維・獣毛の肌ざわりの良さをくらべてみると…
第一位 パシュミナ*(ヒマラヤ山羊の希少部位の冬毛)
第二位 カシミヤ(山羊の柔毛)
第三位 ウール(羊)

さらに、パシュミナの中でも肌ざわりの良さの違いがあります。

第一位 手紬ぎ 手織りのパシュミナ
第二位 機械織 パシュマトゥーシュ**
第三位 機械織 普通のパシュミナ

手で織ると自然に繊維の間に空気が入り、その分ふわふわ感が増します。
職人がトイレに行ったり、食事をしたり、寝たりしたときにはわずかな筋がつきます。
手織りのパシュミナの場合は、遊び毛も多いのですが、微妙に肌ざわりに影響します。
インドリームにもある日、お肌がとても弱い方がいらしてすべてのパシュミナを試してくださいました。敏感肌の方には手織りのパシュミナが一番おススメです。

**パシュマトウーシュはパシュミナよりさらに細くて柔らかい繊維をもつ〝幻のカモシカの毛〟シャトゥーシュの肌ざわりを特に追求して開発したパシュミナストールです。(**パシュマトウーシュはインドリームの登録商標です)

最高の肌ざわりの商品はやはり価格も高くなってしまいます。
また、同じ山羊でも気候によって毛の質が変わってしまいますし、やはり子供のヤギの毛は柔らかです。肌ざわりもただ柔らかいだけでなく、腰の弱さや、とろみ感、生地の薄さによっても変わってきます。本当に自然の繊維は、知れば知るほど、奥が深いです。
自分で試して気持ち良いのが一番なので、青山サロンにいらして、ゆっくりおためしください。

 

 

インドリームの品質表示へのこだわり

 

インドリームでは、本物のパシュミナ100%だけをパシュミナと呼び、品質表示では、カシミヤ100%(パシュミナ)としています。

それは日本ではパシュミナという言葉を品質表示に使ってはいけないこと、そのうえ、正確な意味を知らずにパシュミナ風のシルクパシュミナや上質のシルクウールなども一般的に「パシュミナ」と呼ぶ人が多いからです。

これまでお話しましたように、パシュミナは非常に高価な上、繊維が弱いので、シルク混のパシュミナストールが多く生産されています。

さらにセミパシュミナと言って、シルクと上質ウールの混紡もありますし、安価なレーヨンのストールも多くあります。

最近は、「ファインウール」というまるでカシミヤのように肌ざわりの良い高級ウールストールも増えて、さらに複雑で分かりにくくなってきました。

ですから、本物のパシュミナの定義を知っている方はごく少数なのです。

 

 

高品質パシュミナ「パシュマトゥーシュ」

 

インドリームでは、高品質のパシュミナを「パシュマトゥーシュ」という名で登録商標し販売しております。

 

パシュミナが人間の毛のおよそ1/6の細さと言われていますが、シャトゥーシュはさらに細くて

1/7程度と言われています。

インドリームでは、家畜化されたヒマラヤ山羊の毛から、シャトゥーシュに近いクオリティを再現した高品質のパシュミナを「パシュマトゥーシュ」という名で販売しております。

 

シャトゥーシュ

 

チベットアンテロープとシャトゥーシュの悲しいお話からはじめなければなりません。

 

パシュミナが人間の毛のおよそ1/6の細さと言われていますが、シャトゥーシュはさらに細くて

1/7程度と言われています。

シャトゥーシュはチルーと呼ばれるチベット高原の5000メートル 級の高地に住む野生のアンテロープ(カモシカ)の粗毛の下の柔毛のみを用いて作られます。

一枚のストールに3~5頭分の毛が必要ですが、チルーは家畜化できないために、全て殺されてしまいます。

カシミヤより細く、やわらかく、暖かなストールは、世界中の人々に愛され、高価で取引されたため、乱獲、密猟され、現在、チルーは絶滅の危機に瀕しています。あまりにも貧しい地域のため、密猟を取締るのも命がけだそうです。すでに国際取引は禁止され、2009年ころからインド国内の販売も厳しく取り締まられています。環境省も「シャトゥーシュを買わないで」という文書を出しています。なぜなら買い手がいることにより、チルーの密猟が止まらないからです。

youtubeでかなり長いビデオですが、チルーの悲劇を紹介しているものがありました。

 

 

悲しい現実です。

 

 

インドリームの様々なパシュミナ

 

インドリームには本物のパシュミナ100%にこだわって商品を選んでいますが、その中にもいろいろなバリエーションがあります。

 

【手織り /  機械織り】

100%パシュミナの糸を、機械で織ったものと手織りのものとがあります。

写真は手織りのパシュミナです。黒っぽい毛や遊び毛がいっぱいあるのが手織りです。

 

【タイト/ ルーズ】

パシュミナの織り方も細かい刺繍をするためにタイトに織ったものと、首に巻いて気持ちいいようにルーズに織ったものがあります。

 

【生地の厚さも数種類】

ガーゼのように50gと超軽いものから標準的なリングショールが100g前後、

さらに二枚重ねのリバーシブルで織ったもの、刺繍用に厚みを出したものなどあります。

いずれにしてもウールに比べて大変軽いです。

 

【プレーン/ 地紋あり】

全く何も柄の入っていないものから、ジャガード織のペイズリー柄やダイヤ柄など地紋の入っているものがあります。

 

【自然の色/ 染色】

ヒマラヤ山羊の自然な白、ベージュ、黒と織った後に染めたカラフルな色があります。

 

【無地/ 柄物】

プレーンなものだけでなく、チェックやストライプに加えて、かすり柄など新しいタイプも増えてきました。

 

【パシュマトゥーシュ】

インドリームの登録商標「パシュマトゥーシュ」はパシュミナの全ての良さを体現しているストールです。

ウールなのに、光沢もあり、極上の肌ざわりと独特のぬめり感があり、一度その素晴らしさを知ってしまうと手放せません。

光沢感があるので、パシュマトゥーシュはパーティドレスの上に羽織っても、通常の光沢のない獣毛と違って、よそ行き感があります。

また、発色が非常に良く、目の覚めるような美しい色が出ます。

 

【カラフルなパシュミナストール】

無地ですが、他の繊維と比べて、美しい色を出せるので、個性的な色もおすすめです。

もちろんナチュラルカラーは自然の温かみがあり、永遠の人気カラーです。

肌ざわりが良いので、夏でもチクチクせずに使えるのもパシュミナのよいところです。

贅沢なストールではありますが、その満足感は保証付きです。

 

パシュミナをアクセントカラーで着こなすのもオシャレ上級者です。

良いものを長く使うワンランク上のオシャレ女性にはぜひ一枚は持っておいていただきたいストールです。

 

パシュミナの中でも薄さや地紋の有無、手織りか機械織りかによって、価格も変わりますし、肌ざわりも微妙に変わります。

惑わされがちな本物のパシュミナ。パシュミナの定義、種類、製法…違いをよく知った上で、価格、用途、肌ざわりを考えてお選びください。

お肌が強い方はシルク混のパシュミナでも十分心地良いですし、パシュミナ100%より丈夫なので、扱いは簡単です。

 

いろいろな種類があり、言葉で詳しく説明するのは大変ですが、お店にいらしたら、ストールを前にして、素材感の違いなどわかりやすくお伝えできます。インドリームでは、品質の高いものに絞って販売しております。ぜひお気軽にお立ち寄りくださいね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事