幻のストール、奇跡の再入荷!

幻のストールとは、マダム芳珠がこよなく愛したストールの中でも、特に美しく、しかも
あっという間にインドリームから旅立ってしまったストールのことです。

素晴らしいストールほど、お客様の目に留まるのも早く、写真も撮るひまもなく
到着したその日に、お客様がお持ち帰りになることもあります。
そのようなストールは、卓越したデザインの心に残るストールが多く、
売るために買ってきたものではあるのですが、インドリームからなくなってしまって
寂しさを覚えることが多いものです。

そんなストールのエピソードを集めたブログが人気の「幻のストール」シリーズです。

————————

インドリームの現在のリーフレットの裏表紙には、黒地に明るいベージュ系の刺繍の
ストールをモデルが着用している写真があります。そのエキゾチックな香りと、
上品な色合いで、リーフレットを見る人の心を惹きつけています。

facebook_welcome

そのストールは一枚しかなく、九州の方のもとへ旅立ってしまいましたが、
ぜひ同じストールが欲しいというお客様も多くいらっしゃいました。
通常は再注文しても確実に届くことが少ないので、再注文は受け付けません。
しかし、このストールに限っては、私も含め、希望者が多かったので、
お客様にもあてにしないでくださいとお断りを入れながらも再注文していました。

何回も写真を送りました。しかし、2011年8月に注文したにも関わらず、
2012年の春にも、秋にも届かず、2013年の春はもうほとんど諦めていました。

あきらめて、似たようなデザインのストールがあったら、送ってほしいという
連絡をしたところ、今、刺繍ストールの生産者の家にいて、オーダーしていた
ストールが目の前にあるという返事がきました。

それでも私は半信半疑で、日本に届くまで、色が違っているのではないかと心配していました。
デザインが一緒でも色が違えば雰囲気ががらりと変わります。
微妙な色合いで上品になったり、下品になったりしますので、心配しておりました。

再注文といっても、写真だけですと、細部にわたる指示が難しく、
こちらの意向をわかってもらえたかどうかも心配でした。

インドではまだ、過去に作った刺繍のデザインのデータベースなどもあまりなく、
サンプルがないと同じデザインのストールを作るのはかなり難しいことです。

昨日ようやく届いた幻のストールは、私の希望していた豪華で緻密なペイズリー柄のデザイン、
明るめのベージュ系のグラデーションのゴールドよりは上品な色の刺繍ストール。

しかも同じデザインの色違いも入っていて、それはそれでカラフルで素敵なストールでした。
さっそくお待ちいただいておりましたお客様には連絡しましたが、
近々サイトにも掲載しますので、ぜひご覧ください。

今のところ数枚在庫がございますので、お早めにご検討いただければ嬉しいです。
青山サロンにも飾ってありますので、ぜひお立ち寄りください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事