2017年も参加!世界女性サミット東京大会で出逢える世界で活躍する女性たち【5/11-5/13】

 

世界女性サミット(Global Summit of Women)とは?

世界女性サミット(Global Summit of Women グローバル サミット オブ ウィメン)東京大会は5月11日から13日にグランドプリンスホテル新高輪(東京都港区)にて開催されます。

 

世界女性サミットは、女性版のダボス会議とも言われ、世界90か国以上、1000人以上の女性が毎年集う、1990年以来続く歴史ある大きな女性のための国際会議です。今年のテーマは、”Beyond Womenomics: Accelerating Access”(ウーマノミクスを越えて:アクセシビリティを加速!)です。政府、民間企業、NPOや起業家の三つのトラックに分かれて、ダイバーシティ、女性の地位向上や女性活躍による経済の活性化など様々な女性にかかわる問題について話し合います。

※ウーマノミクスとは、Women+Economicsをくっつけた造語で、女性の活躍で経済を活性化することです。

毎年数十名の閣僚、CEOをはじめとして世界で活躍する素晴らしい女性が参加されます。今年の会議には初めて、安倍総理大臣、岸田外務大臣、小池都知事、林横浜市長を始め、たくさんの日本の閣僚や名だたる日本の男性ビジネスマンも参加します。日本からは300人近く参加する素晴らしい大会になる予定です。25歳以下の学生向けのプログラムもあります。今年の日本での世界女性サミットの初日の晩さん会は、安倍首相のお声がかりで、赤坂迎賓館のガーデンパーティの予定です。

 

以前は世界女性サミットでも日本での女性活用が遅れているという話題が長く続き、日本政府からのサミットへの参加者も少なく、私たち参加者も少なく、長い間、肩身の狭い思いをしていました。そんな日本の女性のイメージがガラッと変わったきっかけをご存知ですか?

実は安倍首相就任以来、女性活用を前面に掲げてくださった途端、世界から注目を集めたんです。
主催者のアイリーン・ナティビダット氏も目と留めてくださり、昨年の世界女性サミットのオープニングセレモニーでは、なんと…
「日本は国策によりこれまで以上に女性が活躍する時代がきたようです。世界的にみても大変すばらしく、これからますます世界に飛び出す女性が増えるでしょう!」
こんな嬉しいことばをいただくことができました。
いち日本人女性として心が踊りませんか?わたしもこの時は手を振って思わず興奮!

今年の大会には安倍首相自らが出席してくださり、安部首相の肝いりで、赤坂迎賓館のガーデンでサミットの歓迎晩さん会が開催されることになりました!

昨年さらに世界女性サミットの一番素晴らしいところは、ダボス会議と違って、参加資格に制限はなく、参加意思のあるものは誰でも参加できることです。
私のように専業主婦だった者でも、参加申し込みされすれば、参加できるというものすごく平等でオープンな組織で、アイリーンさんの情熱と理念に感銘を受けました。

 

世界女性サミット(Global Summit of Women)と私

インドリームは世界女性サミットソウル大会(2004)でのインド人女性と長谷川の運命的な出会いから始まった会社です。長谷川の人生を大きく変えた世界女性サミット(Global Summit of Women)には、2004年から毎年参加していて、今年は12回目の参加です。見ず知らずのインド人といきなりビジネスを始めてしまうという無鉄砲な創業でしたが、あれから13年近くたちました。
生まれも育ちもまったく違う二人がここまで仲良くやって来られたのも、世界女性サミットで毎年出会い、友情を深めてきたからです。

 

インド人パートナーとの運命的な出会い

 

最初の出会いはソウルの宮殿のガーデンパーティ。野外での催しにもかかわらず、運悪く土砂降りの雨となり、大混乱。
雨で回廊に移り、ごった返すなか、いきなりファーラさんから声をかけられました。「デザートのアイスはどこから?」とたわいもない会話でした。翌日には紹介してもらうはずの二人が、初日の夜に偶然出会ったことにも深い縁を感じました。

 

私たちは出会ったときから、ビビッときました。出会って2日後の写真ですが、すっかり打ち解けて、10年来の友人のようです。

 

WEXPO (Women’s EXPO)

世界女性サミット(グローバルサミットオブウィメン)では、ビジネスマッチングを積極的に応援しています。そのために開かれるのが、WEXPO(Women’s EXPO)です。毎回会議場の周辺に世界各国の民芸品や、開催国の特産品を売るブースが出来ます。
2017年の東京大会でもたくさんのブースが出ます。もちろん私たちも参加します。

 

初めての2004年の大会で私は、会議中ずっとファーラさんのブースに貼りつき、ストールを売っている様子を見ていました。
売る人も買う人も次々に出てくるストールの美しさに笑顔でいっぱいです。私もものすごくワクワクしました。前年からインドに出張し、日本で売るものを探していたのですが、このとき、直感的にこんなに人を笑顔に、そして夢中にさせる商品は他には無いと思いました。今でも鮮明に覚えていますが、まさに私の心に響いたのでした。私の長い人生でもこんな瞬間はこれ以外ありませんでした。

さらに、ファーラさんの刺繍職人の生活を向上させたいという熱い想いにも共感して、迷わずビジネスを始めることにしました。一緒に参加した友人や先輩からは、心配の声が上がりましたが、もう迷うことはありませんでした。それからは、もう時の勢いで、インドリーム開業まで一直線に進んでいきました。

 

翌年の2005年、メキシコの世界女性サミット(グローバルサミットオブウィメン)では、ビジネスマッチングが成功した例として、閉会式で壇上に上がる機会がありました。そして、短いスピーチをするチャンスをいただきました。
まだ英語も得意でありませんでしたので、必死の思いで短いスピーチをしましたが、席に戻るときに韓国の女性が ”Good luck!” と声をかけてくれた時の感激は一生忘れられません!専業主婦だった自分が世界中の人に向かって話しかけたのですから、自分でも信じられない気持ちでした。

 

 

 

以来、私たちは毎年世界女性サミットに一緒に参加し、同じ部屋に泊まり、毎年一週間から10日を過ごすようになりました。
出会ってから、13年近く、今では姉妹以上の強い絆で結ばれています。

 

世界女性サミットの25周年ビデオにはファーラさんも登場し、私もストールを売っている姿が収録されました。これも人生の記念にもなりました。


   

 

2人の夢がかなったインドリーム(InDream)

 

ファーラさんはソウルに行く前に日本人のパートナーを見つけたいとご主人に話したそうです。

ご主人はそんな夢のようなことは無理だよととおっしゃったそうですが、その時、私もインドと日本のコンサルタントのベンチャー企業でインド人のビジネスパートナーを探していました。そして、私たちは出会い、二人の夢がかなったという意味で、「インドリーム」という会社名が決まりました。IndiaとDreamをくっつけた造語です。Dに二つの言葉が重なっているので、大文字で書くことにしました。

そして、商標登録をしました。夢の中という意味にもとれる会社名は自分で考えたのですが、素晴らしい会社名でした。

また、このような良い名前が商標登録されていなかったのもラッキーでした。

 

 

憧れのグローバルな仕事の夢がかなう

 

私は名古屋と東京で育ちましたが、小さいころから海外への憧れがありました。大学卒業時、本当は商社で働いてみたかったのですが、当時は大手商社は大卒女子は縁故採用しかしていませんでした。しかも自宅から通う女性以外採らないという今からは考えられない状況でした。

それで銀行に就職したのですが、当時はまだ女性は25歳までに結婚という時代で、同期の人も25歳までに9割が辞めてしまいました。私も結婚退職しました。

 

海外への憧れがあったにもかかわらず、夫の海外転勤は残念ながらありませんでした。私も再就職したとは言え、海外と直接かかわる仕事はあきらめていたのですが、いきなり、世界女性サミット(Global Summit of Women)に行ったことで人生が変わりました。

  

 

 

世界女性サミットでは、大臣であろうが、会社のCEOであろうが、NPOであろうが、まったく平等に扱ってくれます。

元専業主婦にとっては夢のような世界でした。例えば、朝食も隣にアフリカの大臣が座り、話をしてみると、私達とまったく同じ家族の悩みを持っていたり、同じ考えだったりすべてが新鮮でした。

 

 

英語を話す夢がかなう

私は英語にも劣等感を持っていたのですが、世界の共通語はネイティブではない英語ということがわかり、伝えたいという思いがあれば伝わるということも実感できました。サミットに参加したことで、小さい時から憧れだった世界が突然身近になり、世界中の女性に出会うことができたのは、本当に幸せでした。
今では12回もサミットに参加しているので、世界中のお友達ができました。夢のような話です。

 

 

世界女性サミット(Global Summit of Women)で感動の体験をあなたも!

東京サミットが開かれる今年こそ簡単に世界の人に出会うチャンスです。

すでにサミットの参加申し込みは締め切られていますが、私のメルマガやブログを読んで参加してくださった方が数人いらっしゃったのは本当にうれしいことです。

もし、夫が望んだように家にいて日本にとどまっていたら、絶対ファーラさんに出会えませんでした。ほんのわずかの勇気をもって世界に出れば、誰でも人生が変わることを若い方にもお伝えしたいです。

 

世界女性サミットで素晴らしい経験が、彼女たちの今後の人生を切り開いてくれるよう祈っております!!!
サミットでは、毎日私たちはずっとWEXPO会場にいますので、ぜひ遊びにいらしてください。
今年参加できなくても毎年開かれていますので、次回はぜひあなたも参加してください。

GEWEL OPEN HOUSE 2008 Vol.2
ハノイで開催された「グローバル・サミット・オブ・ウーマン」参加者たちが語った、それぞれのサミットとは

 

ファーラさん来日記念!ストール美人特別ランチ会 

■5/18(木)11:30~14:30 会場 リヴァデリエトゥルスキ
パートナーのファーラさんが出席します。
ファーラさんとの出会いやカシミールの刺繍職人の現状やインドの高級ストールについて語ります。
お席わずかにございます。申し込みはこちらからお早めに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事