ストールとスカーフ

秋の気配かと思いきや、まだまだ残暑の厳しいこの頃です。

服に合わせてカーディガンやボレロを合わせるのもいいけれど、
ストールは1枚あればどんな服にも合わせやすく、
大変重宝します。

ところで、ストールってスカーフ、どう違うのでしょうか。

スカーフは基本的に正方形のものが多く、
主に53×53cm、58×58cm(これが多い)、65×65cmのプチスカーフと、
78×78cm、88×88cm(これが多い)、90×90cm、102×102cmなどの
大判スカーフがあります。

幅が狭く、長さが130cmや、200cmで、
ロングスカーフとよばれる長方形の物もあります。

一方、ストール(stole) は、古代ローマ人の既婚女性が着ていた
ゆったりした服、ストラ(stola ラテン語)に由来しています。

カトリックのミサのとき、聖職者が首から掛けて
前にたらした布が原型といわれています。
ですから、一般にスカーフよりサイズが大いものが
ストールと称されます。

では、マフラーは。
これは長方形の「襟巻き」を指し、
マフラーは「首に巻くもの」、ストールは「肩にかけるもの」と
区別されるようです。

違いに気をつけて選んでみると、またコーディネートの幅が広がって
楽しいですね

インドリームワールド マダム芳珠

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事